じょじょ日記

リストラおやじのつぶやき、もしくはエッセイ

オカルト 人生論

無とは何か?その意味とは?

投稿日:2020年8月6日 更新日:

「無」の意味とは?

仏教でいう「無」とは何か?そんなもの、仏教徒でもない私ごときが論じられるはずもないのだが、ネタ切れと哲学的興味により、考察してみようと思う。

まずは「無」ですが、この言葉は対義語として「有」があります。

つまり「無」とは「無い」状態です。

天台寺門宗別格本山 鶏足山 金倉寺HPより
https://www.kagawa-konzouji.or.jp/blog/category-12/entry-122.html

ということらしい。しかし、私ごときには全く分からないので、以下に私独自の解釈を展開したい。

結論から言うと、釈迦が言う「無」とは、最初から無いものにだけ許される「存在」の状態に近いものであって、もともと有るものが「無くなった」ような、ひょっとしたらまた見つかるかもというようなあやふやな状態とはわけが違うということだ。例えば形あるものがなくなる場合、それは、質量保存の法則により、「そのもの」としての形はなくなるが、別の形として存在し続けることになる。一方、もともと無いものは、どこまで行っても何も無いのである。私は釈迦が言う「無」とは、このもともと無い状態のことだと思っている。

理解を助けるために、レゴブロックで怪獣を組んだ場合で考えよう。この時、その怪獣のレゴブロックをばらばらに分解して外していっても、レゴブロックの怪獣はなくなるが、レゴブロック自体はなくならないのである。したがって、そのレゴブロックがある限り、レゴブロックの怪獣はまた組み上げることはできるのである。つまり、レゴブロックで組んだ怪獣をばらして「無」にしても、真の意味での「無」にはならないということができる。もう二度とお目にかかれない、最初から何もない場合と同じ、真の「無」の状態になることではないと理解できる。

さらに厳しくいうと、いったんレゴブロックで怪獣を組み上げてしまうと、仮にそのレゴブロックを紛失しても、かつてレゴブロックで作った怪獣を思い浮かべることができるので、真の「無」にはならない。最初から何もない「無」ではなく、記憶としての「情報」が残ってしまうのである。

もしも、人間がレゴブロックのように「有」でできているのであれば、よく言われるように「生まれ変わり」もあるかもしれない。もう一度、「怪獣」を組み上げればいいだけのことである。

生まれ変わりがない魂はどう生きるべきか?

しかし実際には、「生まれ変わり」の事実はほとんどないし、科学的には証明されていない。

これは一体どういうことかというと、超厳密に言って、量子レベルでは、人間は物理的に生まれ変わっているのかもしれないが、精神的にというか、いわゆる「魂」は生まれ変わらない、あるいは生まれ変わらないと解釈してもいい状態になるということだ。

人間=「魂」は、いったん無くなるともう二度とお目にかかれないのであるから、人間は死ねば、最初から生まれていないのと同じ状態になるということができる。つまり、人間は死ねば真の意味での「無」になるのであるから、人間の本質も「無」であると解釈していいと思う。

しかし、一方で、いったん存在してしまえば「情報」は記憶として生き残った者の魂の中に残ってしまう。ここはどうしても「最初から何もなかった『無』」とは一線を画すわけである。人間の本質は、有ったものが無くなったというような単純な意味での「無」ではないが、かといって最初から何もなかったというような冷酷な意味での「無」でもないのである。

「無」は「有」の対義語として理解されるが、真の「無」とは「有」と「無」の間を行ったり来たりできる一時的な「無」のことではなく、最初から何もないのと同じ、永遠の「無」のことである。

繰り返しになるが、私は釈迦が言う「無」を、この真の意味での「無」であると解釈している。つまり、「無」を「有」の単なる対象概念としてとらえるのではなく、「無」は絶対無限の状態と考えるのである。やり直しは利かないのだ。つまり、人間の本質は「無」であり、どういうメカニズムかはよくわからないが、たまたま、この「有」の世界に偶然飛び込んできただけなのであって、もともとは「無」の世界の住人なのだという考え方である。なので、「有」は仮の姿で、本質ではないということである。だから当然、「有」のあるべき姿なんて「無」いのである。

従って、私は「意味」を「有」ではなく「無」の方に見出そうとする。というか、本来「人生に生きる意味はない」と考えるのである。しかしどういうわけか、本来「無」であるはずの私が、この「有」の世界に存在してしまった以上、「有」である私の責任において、「人生の意味」は「有」であるところの自分に従って作っていかなければならないと解釈するのである。そして、その「無」は一旦「有」になった以上、人々の記憶の中に「情報」を残してしまう。したがって、自分の人生の「意味」は自分で作っていきながら、意味のある「情報」を残そう、もしそれが後世の人々の役に立つ有益な情報であれば、最高ではないか、まあ別に最高でなくてもいいけど・・・、という風に考えるのである。

これが私が提唱する「人生論」の核であり、超絶わかりやすく言うと、「好きなように生きていい」ということなのである。※これに関連した記事はこちら

あなたの「弾きたい」を徹底サポート!手軽で、お得で安心なオンラインギターレッスン!THE POCKET

-オカルト, 人生論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

生きるとは?

人生を壊すものは何か?

なぜ死という最悪の結論を選択するか? 昨日、俳優の三浦春馬氏が自殺したというショッキングなニュースが舞い込んできた。うちの娘も彼のファンだっただけに我が家でも大騒ぎである。本当に今年は有名人がたくさん …

ギターを弾こう!

ギターを弾くことの意味とは?

昔からやってみたかったギターを始めて思うこと ギター1本でかっこよく弾ける!はじめての「ソロギター講座」 私は十年前からギターを趣味で弾くようになった。きっかけは、会社の昇格試験に落ちたことだ。当時の …

甘えって何?

甘えとは何か?その意味、本質とは?

「お前は甘えている」と言う人間の本質とは? 「甘ったれるな」とはよく言われる話である。しかし、そもそも甘えているとはどういう状態のことを言うのだろうか? 昔私が社畜だったころ、私が勤めていた某一流企業 …

商売って何?

商売とは何か?成功するコツとは?

商売の意味とは? 商売とは通常、利益をあげる目的で物を売り買いすること、または、生活の基盤になっている仕事や職業のことを言う。この、生活の基盤になっている仕事や職業は、そもそも利益を上げる目的で営んで …

守破離って?

守破離とは?その意味と本質について

「守破離」の意味とは? 「守破離」とは、日本の茶道や武道などの芸道・芸術における師弟関係のあり方の一つであり、それらの修業における過程を示したもの。日本において芸事の文化が発展、進化してきた創造的な過 …