じょじょ日記

リストラおやじのつぶやき、もしくはエッセイ

人生論

自ら消えなくていんじゃね?

投稿日:2020年6月10日 更新日:

死ぬまで生きてみてはどうか?

東京八王子で高1が拳銃自殺したらしい。動機は病気か?拳銃入手経路は不明(6/10現在)。自殺はしなくていいと思う。なぜなら、どうせ死ぬんだから。金持ちも貧乏も、健康な人も病気の人も、尊敬されている人も軽蔑されている人も、誰一人間違いなく死ぬ。どうせ死ぬのに、自分から死ぬことはないんじゃないか?死ぬまで生きてみたら、きっと最後には納得できる何かがあるような気がする。なくても、それはそれで、「あの時死んどきゃよかった」って確信をもてるだけ、「意味」があるかもしれない。

でも、本当は私もどうしても死にたければ死んでもいいのではないかと思っている。生きるということにそれほど重要な意味を感じないので、生きるのがつらくてしょうがないなら死ぬ自由もありと思う。ただ、生きるということにそんなに重要な意味を感じないからこそ、別にどんな生き方をしても、金持ちでも貧乏でも、有名でも無名でも、天才でも愚鈍でも結局それほど変わりはないから、自分で命を絶つことにもあまり「意味」はないと思う。どっちみち、それほど大きな意味はないなら、どうせいつか「死」の世界に向かうことがわかってるなら、「今」焦って「死」に急ぐことはないと思う。

「正しい」生き方があるに違いないと思うから、それから外れると「死にたい」と思うのであって、「正しい」生き方なんてないと思えば(知れば)、本当はどんな生き方だってできると思う。金持ちでも貧乏でも、賢くても馬鹿でも、健康でも不健康でも、どんな生き方も結局はそれほど意味はないと知れれば、生きていくことはそれほど怖くはないと思う。我々はもともと「無」だったのだ。ある日いきなり「有」になった。偶然にだ。本人に自覚がないのだから、「偶然に」としか言いようがない。「強制的に」と言い換えてもいい。「有」は「有限」だが、「無」は「無限」だ。つまり本質的にはすべての「有」は「無」になるのだから、なにも「有」にこだわる必要はない。「有」自体に何の意味もない。だからこそ、あえて自ら「無」に還る必要はない。「有」るがまま、死ぬまで生きてみたい。

だた、いったん「有」になってしまうと、何か「意味」も「有」ると思い込みがちになる。それは我々が「有」そのものになってしまってから、逃れられない宿命のようなものかもしれない。でもその「意味」を探すことによって「無」へ導かれるなんて、皮肉なことだ。本当に人生は矛盾に満ちている。でもたぶん、「本質」は極めて簡単なことなのだろう。ただその「本質」は極めて分かりにくい。

ココナラのクリエイターに依頼する

-人生論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

メンヘラ女の魅力とは?

なぜメンヘラ女に魅かれるか?

メンヘラの魅力とは、バカみたいなまじめさにある。 私はメンヘラの女性に強く魅かれる傾向がある。メンヘラ女性をネットとかで見つけると、言動が心に刺さるし、「抱きしめたい」と思うし、性欲にちかいものすら感 …

人気とは?

人気とは何か?~人生における有用性と無意味性。

人気者になることの本質とは? 人気とは人々の気受けや、世間一般の評判のことである。人気が出る、出ない、人気がある、ないを言う場合、そこには自分以外の人間が必要になる。そして、それら自分以外の人間に自分 …

IQとは?

IQとは何か?

頭がいいとはどういうことか? IQは「知能指数」と呼ばれ、このネーミングが日本人の心を捉えて離さないようだが、このネーミングこそが誤解を招いていると主張するIQの高い人もいるようだ。私も確かにこのネー …

言葉って?

言葉とは?その意味、本質、使い方

言葉の意味とは? 言葉とは一般的に意味を表すため、口で言ったり字に書いたりしたもの。と解される。意味をあらわすことができなければ、何も伝わらないし、何も伝わらない人生は孤独でさみしいものである。 また …

勝ち組とは?

人生の勝ち組とは何か?その意味と価値とは?

勝ち組の意味するところとは? 人生において勝ち組とはいったいどのようなものだろうか?厚生労働省の発表によれば、50歳のピーク時の平均年収は535万2,000円というデータが出ている。また、全体の7割が …