じょじょ日記

リストラおやじのつぶやき、もしくはエッセイ

人生論

マウンティングとは何か?

投稿日:

マウンティングの意味

マウンティングとはおおむね、他人に対して自分の方が優位性があることを直接的、または間接的に主張し、相手の服従を期待する行為のことと言えると思う。大切なポイントは、「相手の服従」であり、こちらがあからさまに服従姿勢を示さなくても、もしマウントを取ってくる人物に対して「反論」でもしようものなら、無限のループ攻撃に合うことで、「ああ、彼(彼女)はマウントが取りたかったのだな」とわかるのである。

マウンティングされたときの対処法としては、マウンティングを確認した程度にもよるが、もし悪性のマウンティングの場合は、もう絶対こっちのいうことは聞いてもらえないので、早々に「退散」することである。よほど大切な取引先でもない限り、「ちょっと急いでいるので」とその場を立ち去ればOK。

仕事上の付き合いのあるような場合、仕方ないので「はあ、なるほど」とか「さすがですね」とか「勉強になります」とかいう風に相手をもちあげつつ絶対謝らないというやり方がいいと思う。謝ってしまうと、つまり服従姿勢を見せてしまうと、以後様々にやりにくい事象が生じてくるので、とにかく今の会話を早く終わらせて、今後は取引やお付き合いを縮小していく努力をすべきである。

マウンティングをしてくる性質というのは、自然界での過酷な生存競争を想像すると、自然淘汰の法則からは生き残りやすいことは理解できると思う。いままで長期にわたってこの地球上での過酷な環境を生き抜いてきた遺伝子なので、おそらくこれからも生存し続けると思う。これだけどこにでも、そして男女問わずだれにでもある性質なので、この遺伝子はかなり大きな範囲に勢力を広げていると思われる。

マウンティングを足らずに済ませる考え方

IQが低い場合、マウンティングをとるという行動を抑えられないようであるが、ある程度IQのレベルがある人は抑えられるようである。

なぜなら、IQがそこそこ高ければ、マウンティングを取ることは、感情を持った人間関係においては不利に働くことを理解できるからである。また、上には上がいるということを無意識のうちに知っており、その場での優位性を誇示してもその支配関係はいずれすぐに別の場面で逆転することを知っているので、無意味なマウントを取ることはないようである。

たしかに、もし「人生に生きる意味はない」ということを理解できる人間であれば、価値観が一つに統一される可能性はゼロに近いことを理解できるので、自分の価値観を他人に押し付けたり、自分の一面的な優位性をもって他人を全方位的に支配しようなどという感情は持てないと思う。

わからないことを知っているという「無知の知」も、人生に生きる意味がないことを知ると、理解しやすいと思われる。

他人にバカだと思われないためにも、長い歴史の中で、遺伝子レベルで自分の中に染み付いたマウント欲求(承認欲求の発動)には気を付けたいものである。

-人生論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

才能って何?

才能とは何か?

才能のしくみとは何か? 結論から言うと、私は才能とは脳機能の指向のことだと思っている。要するに、まるで神から与えられた特権のようないわゆる「才能」なんてものは、この世になく、結局のところ、普通才能と言 …

荒らしって?

「荒らし」の本質と根源にあるもの、改めるべき事とは?

「荒らし」の本質とは? ネットにおいては、いつまでたっても「荒らし」がはびこっている。その被害もどんどん拡大して無視できないような状況になっているらしい。 私はネットが「匿名」で広がったのは、「本名」 …

無とは何か?

無とは何か?その意味とは?

「無」の意味とは? 仏教でいう「無」とは何か?そんなもの、仏教徒でもない私ごときが論じられるはずもないのだが、ネタ切れと哲学的興味により、考察してみようと思う。 まずは「無」ですが、この言葉は対義語と …

生きるとは?

人生を壊すものは何か?

なぜ死という最悪の結論を選択するか? 昨日、俳優の三浦春馬氏が自殺したというショッキングなニュースが舞い込んできた。うちの娘も彼のファンだっただけに我が家でも大騒ぎである。本当に今年は有名人がたくさん …

諸行無常って何?

諸行無常ということについて

日本経済がつまらなくなったわけとは? 諸行無常とは、この世の万物は常に変化して、ほんのしばらくもとどまるものはないこと。人生の無常をいう仏教の根本的な考え。(By goo辞書)である。他に古代ギリシャ …